ワークショップ

 

mumokuteki 「つくること」の時間
クリスマス スワッグ作り ワークショップ

 

講師としてお迎えするのは、「griotte」さん。
mumokuteki caféの植物やお花をいつも飾っていただいています。
今回は、クリスマスを楽しむひとつである壁飾りスワッグ作りをしていただきます。
グリーンと白のお色で穏やかなクリスマスを。
リースやスワッグを飾るのには、魔除けや豊作祈願、永遠の幸福という意味があります。
リスマスを日本で初めて行われたのが464年前、山口県でした。
ローマで354年、1662年前に「太陽の祭り」として祝ったのが始まり。
昔は夏至や冬至を無事に乗り切ることは特別なことでした。
日本でもあてはまる気候である地域も多くありますので大切な行事のひとつだと
mumokutekiでは考えています。
余談ですが、クリスマスプレゼントは世界中の人々が感謝の気持ちや愛を
伝えあって幸せや喜びを分かち合おうという素敵な意味があります。
クリスマス当日までの準備や用意もとても楽しい時間。
意味も大切にクリスマスまでを過ごしたいですね。
よいクリスマスを。

 

日程:2016/11.22(tue)
場所:mumokuteki goods京都店
2Fキッチンスペース
時間:11:00-13:00
所用時間:約2時間
参加費:お一人様3,900円(税込)

 

お問い合わせ先
TEL:075-229-6996(11:30〜20:00)
MAIL:goods@mumokuteki.com
※京都店のみの開催となります。
※定員数に達した場合、希望の参加時間のご要望にお応えできない場合もございます。


戻る

サイトマップ

online store

social media

language