季節味噌を作るワークショップ【白米糀味噌編】 5月9日レポート

記事公開日:2018.05.26

2018年5月9日(水)

 

mumokutekiホールで冨田貴史さんをお迎えして、

「季節味噌を作るワークショップ」が開催されました。

 

 

参加して下さった方全員と一緒に、季節のお味噌を作るこのワークショップ。

味噌作りをする前に、まずは冨田さんにお話をしていただきます。

 

 

冨田さんのお話は、当たり前だと思っていた事を次々と覆されて、驚きと発見の連続。

そして味噌を通して、自分自身の生き方について、すごく考えさせられる時間。

2時間はあっというまに過ぎてしまいます。

 

 

東洋医学的には、五味というものはそれぞれの内臓に良い働きかけをするそう。

冨田さんや、私たちが作る味噌は、時間や手前はかかりますが、

そんな五味と菌がたくさん混ぜ込まれた、体にとても優しい作用のあるもの。

 

 

でもそれはスーパーやコンビニに売っている市販の味噌には期待できない事。

安定の味、大量生産を維持するには、純粋な麹じゃないなものを使ったり、

夏のような暑い温温度を作り出し、本来じっくり待つはずの発酵を急がせたりします。

 

 

「でもそういうライフスタイルを求める人がいる限り、その味噌はなくならない」

 

冨田さんの言葉がグサッと胸に刺さりました。

私たち一人一人の行動や生き方は、

気づかないうちに色々なところへ影響を与えているのだと、初めて気付かされた瞬間でした。

 

 

「接客や、三次産業の大切なことは物語の共有。

今は人から人へ直接じゃない、マスメディアの一方的に言うことを、一方的に聞いてる。

だから、みんな消費者になる。その生産者の物語を、ぼくたちが伝えていく。

一人一人がメディアになり、ひとつひとつの物と物語を伝えていく。」

 

普段店頭でお客様へ販売をしている私にとって、

この冨田さんの言葉はとても印象深かったです。

 

 

mumokutekiとして私たちが、生産者様、お客様としていきたいこと。

それは、物語の共有、想いを伝えること、語り続けること。

 

 

冨田さんがあえてこの時間を作ってるのは、味噌の作り方を教えたいというのも、

勿論ありますが、それ以上に味噌を通して「いきるをつくる」場を育んでいくこと。

 

私たちもその想いに共感しました。

 

 

「コミュニティ」とは一緒にその場を育み、物語を作っていくことでこそ、

味噌のように醸成していくのですね。


戻る

サイトマップ

online store

social media

language