スタッフインタビュー

中井 真起

mumokuteki goods&wears 本部 企画生産・バイヤー
中井 真起

[キャリア]
2003年:SPINNS部門の販売員として入社
2006年:SPINNS商品部 バイヤー
2007年:mhp事業部に店長として人事異動
2009年:mumokuteki goods&wears 部門異動 バイヤー・店長を兼任
2011年、2014年、2016年と出産・育児休暇を経て現在復帰に至る

■mumokuteki(ムモクテキ)でアルバイトをはじめたきっかけは?

入社は、SPINNSからでしたが、年齢を重ねるにつれて現場での違和感を感じ、その都度いろいろな部門に移動させていただきました。

30代を目前に、少し生活に密着した店舗に興味が湧き、MUMOKUTEKIの店舗が大きくなるタイミングで、バイヤーとして異動しました。

自分の経験を生かして、次のステップに異動させていただきました。

 

■現在、担当されているお仕事内容について教えてください。

育児休暇を経て、まずは店舗に配属していただきました。久々に店舗でのお客様の接客やご対応をさせて頂き、改めてお客様を知ったり気づきが多く、日々勉強です。

今後はバイヤーをさせて頂きますが、これまでの経験と、店舗の経験を生かしていこうと思っています

 

■お仕事をしている中でのやりがいは何ですか?

今、一番はお客様が喜んで帰ってくださる事、そして顧客様になって頂ける事。

また、スタッフや店長と話しながら、マネキンや売場などの配置を組み、お客様の反応がよく、売れたときなどはやりがいを感じます。

一緒に働いている仲間の成長を日々感じれるところも自分自身のやりがいに繋がります。

 

■最後にmumokutekiの魅力を教えてください。

若い方から、ご年配の方まで幅広いお客様に楽しんで頂けるお店です。スタッフ自身も変わり行く環境の中で長くお付き合い出きるお店だと思います。(主婦になっても、子どもが出来ても楽しく働けるお店です。)

衣食住が揃っていて、身体によいものやそれぞれに作りに拘った物もたくさんあります。

またオリジナルの服・雑貨・食品などもあり、どんどん進化しているのが魅力です。


戻る

サイトマップ

online store

social media

language