発酵ぷらす食養生ワークショップ「生揚醤油づくり」

記事公開日:2018.12.06

 

自分だけのお醤油をつくってみませんか?

 

生揚(きあげ)醤油とは、諸味から搾り出たままの醤油のこと。酵母菌などの微生物が生きていて、発酵しているので品質の劣化を考え生揚醤油が市場に出回ることが基本的にはない貴重な醤油です。講師にはレストランのプロデュースから、ママのための食養生講座まで幅広く活躍する発酵のプロ、醸せ師 柿本恭子さんをお迎え致します。日に日にお醤油色になっていく様子を楽しんで、自分で作ることによって何が入っているか分かる安心、なんといっても出来上がったときの言葉には表せないほどの美味しさ。生きているモノを育て作り上げる楽しみにもなります。と、柿本さんはどんな風にお醤油ができあがるのか、お醤油とのくらしの素敵さをお話されていました。

 

麹は素材にこだわられる兵庫県にある大徳醤油さんの国産材料の麹をつかいます。自分だけの醤油をつくってみませんか?自分だけの醤油、そして絶品の搾りたての生揚げ醤油が家で味わる幸せ。どうしてお醤油が茶褐色になるかなど発酵と食養生を楽しんだり、柿本先生から季節ごとの智恵を学ぶ講座もある贅沢なワークショップとなっております。今回はお持ちいただく瓶に醤油を仕込んでお持ち帰りいただきご自宅で醤油を育てていきますので、醤油とのくらしを楽しんでいただけたらと思います。

 

 

講師:柿本 恭子さん
発酵のプロ・醸せ師。醸造料理人であり現在の発酵食の立役者のひとり発酵王子こと伏木暢顕氏に師事し発酵と菌について学び2015年10月醸せ師認定。本格的に発酵食講座を開始。素晴らしい農家さんや酒蔵などがあれば日本全国どこへでも赴きながら身体本来の免疫を上げるカラダ作りができないかと中医学・薬膳を学び2016年1月食養生士資格取得、2016年9月薬膳療法専門指導士資格取得。美味しいものを美味しく、そして身体も喜び皆が笑顔になる健康なカラダ作りを目指して日々研究・講座をしている。

 

 

発酵ぷらす食養生ワークショップ「生揚醤油づくり」
開催日:2019年2月22日(金)
開催時間 :13:30-16:30
場所:mumokuteki goods&wears 2F
京都市中京区寺町通り蛸薬師上ル式部町261 (2Fキッチンスペース)
参加費:6,500円(税込)
定員:10名様
持ち物:エプロン、布巾2枚、筆記用具、4Lの瓶または容器*
*瓶が重い方はタッパーなどで代用してご自宅で移し替えていただいても構いません

 

[ご予約・お問い合わせ]
http://urx.red/Oe5j

075-229-6996(11:30-20:00)
(担当:ヨシムラ)


戻る

サイトマップ

online store

social media

language