緊急開催イベント!「0円キッチン」の監督で主演のダーヴィド・グロスさん来京イベント!

記事公開日:2017.10.12

緊急開催イベント!

 

6月にmumokuteki ホールでも上映した映画『0円キッチン』の主人公&監督ダーヴィドさんが来日しており、急遽10月15日(日)に京都に来る事となりました!
『0円キッチン』は「もったいない精神」の映画、そもそも「もったいない」は日本が発祥の地!それでは日本で映画を作ろうという事で、配給先の ユナイテッドピープルがクラウドファウンディングをスタートしております!

 

◉日本全国をキッチンカーで巡るロードムービー『MOTTAINAIキッチン』の制作プロジェクト!
https://mottainai-motto.jp/project/detail/297

 

そして今回は ユナイテッドピープルの代表を務める関根健次さんがプロデューサーとして参加し、今回の来日で全国を回り、映画のロケハンを展開しているのです!
mumokutekiとしても何か出来ないかという事で、急遽、イベントにして、京都を舞台に活躍する「もったいない」の先駆者、そして持続可能な社会づくりに貢献する人を招いて、映画のネタとしてプレゼンして頂こうという企画です。
登壇してくださる方も趣旨に賛同して頂き、全員ノーギャラで来てくれます。
この短期間で「もったいない」の実践家がこれだけ集まってくれたことも本当に奇跡です!
それぞれの取り組みは本当注目のものばかりなので是非楽しみにして下さい。

 

参加費1000円といたしますが、よろしかったら、映画監督ダーヴィドさんと関根健次さんにカンパも募ります。ホールは無料で使用して頂き、参加費+カンパの全額をお渡し致します。
時間が無い中での突然の企画ですが、是非多数の方のご参加お願い致します。

 

 

『映画「0円キッチン」監督ダーヴィッドさんと「ユナイテッドピープル」代表関根健次さんを囲んで「もったいない」を広める会』

日時:10月15日(日)16:30~18:30

参加費:1000円

 

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1830797093917757/

 

スピーカー:
ダーヴィド・グロス(映画 0円キッチン監督)、関根健次(ユナイテッドピープル代表)、平松ようすけ(株式会社 坂ノ途中取締役)、田中淳士(食一代表)、室井隆宏(フランク菜ッパ ー路地の駅ー代表)、柿本恭子(醸せ師)、井上和馬(自然派缶詰 カンナチュール代表)、吉田大輔(ちりめん山椒 京佃煮 津乃吉 公式ページ)青木淳(Le Marche/SPHERE)
※ページ下にプロフィールあります。

 

 

当日は「0円キッチン」ダイジェスト版(9分)の上映も予定してます。

 

 

司会:廣海緑朗(ヒロミロクロウ):Mumokuteki/NPO法人みんなの地球のくらしかた

 

 

場所: Mumokutekiホール
〒604-8061 京都市中京区式部町261 ヒューマンフォーラムビル 3F
http://mumokuteki.com/
hall@mumokuteki.com

 

 

募集人数:40名様まで(ご予約は必要ありませんがFacebookイベントページで参加を表明して下さい)

対象:どなたでも。小学生以下のお子さんは無料でご参加いただけます。

主催:
Mumokuteki(株式会社ヒューマンフォーラム)

 

 

■映画『 0円キッチン』について
世界から食料廃棄をなくす旅。
キッチン付き廃油カーて゛ヨーロッハ゜を巡り廃棄食材料理を届ける
エンターテイメント・ロート゛ムーヒ゛ー!

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」と考えた食材救出人のダーヴィド。植物油で走れるように自ら改造した車に、ゴミ箱でつくった特製キッチンを取り付け、ヨーロッパ5カ国の旅へ出発。各地で食材の無駄をなくすべく、ユニークでおいしく楽しい取り組みをしている人々に出会いながら、食の現在と未来を照らし出していくエンターテイメント・ロードムービー。

《ドーヴィルグリーン国際映画祭 2015 ドキュメンタリー部門 銀賞》《カンヌ コーポレートメディア&TV大賞2015 自然・環境・エコロジー部門 シルバードルフィン賞》
監督:ダーヴィド・グロス、ゲオルク・ミッシュ
2015年/オーストリア/81分
http://www.unitedpeople.jp/wastecooking/

10月は「世界食料デー」月間 映画『0円キッチン』全国上映キャンペーンを実施!全国60ヶ所以上で映画『0円キッチン』が上映されます。
http://unitedpeople.jp/wastecooking/zeromonth

 

 

 

◉スピーカープロフィール

 

 

■ダーヴィド・グロス(David Gross)
1978年オーストリア、ザルツブルグ生まれ。ウィーン大学でコミュニケーション科学と演劇学を、ドナウ大学クレムスでジャーナリズムを学び2003年に卒業。以後、ジャーナリスト・ドキュメンタリー映画監督として活動。
・0円キッチンHP:http://unitedpeople.jp/wastecooking/



■関根健次
ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役
一般社団法人 国際平和映像祭 代表理事
1976年生まれ。ベロイト大学経済学部卒(アメリカ)。大学の卒業旅行で世界半周の旅へ出る。途中偶然訪れた紛争地で世界の現実と出会い、後に平和実現が人生のミッションとなる。2002年に世界の課題解決を事業目的とする非営利会社、ユナイテッドピープル株式会社を創業。2009年から映画事業を開始。2011年から国連が定めたピースデー、9月21日を広める活動を開始。同年、一般社団法人国際平和映像祭を設立しピースデーに毎年国際平和映像祭(UFPFF)を開催している。2016年4月から世界一周の旅へ出て7月から4月までの9ヶ月間は21世紀の理想的国家として注目されるコスタリカに暮らした。著書に「ユナイテッドピープル」がある。
・ユナイテッドピープル株式会社:http://unitedpeople.jp/ 

 

 

■井上和馬
2015年に株式会社 カンブライトを設立。
一次産業の若い担い手や新規就農者など、「ていねい」な食材の作り手を応援していくことで、地域を活性化させ、子供たちに豊かな食卓を残したいという想いで、缶詰や瓶詰、レトルトパウチといったオリジナルの加工食品の開発支援を行う。
商品企画、レシピ開発、パッケージデザイン、情報発信、販路開拓、販売委託といった商品開発のあらゆる場面をサポートする。
こだわりとオリジナリティあふれる自社ブランドの「自然派缶詰カンナチュール」を手がける。
・株式会社カンブライト:http://canbright.co.jp/

 


■柿本恭子
醸造料理人であり日本発酵食文化を伝承する現在の発酵食&麹人気の立役者のひとり発酵王子こと伏木暢顕(ふしきのぶあき)氏に師事し発酵と菌について学び2015年10月醸せ師認定。本格的に発酵食講座を開始。
素晴らしい農家さんや酒蔵などがあれば日本全国どこへでも赴き、また紹介し支持する為に身を粉にする。
身体本来の免疫を上げるべく分解・解毒できるカラダ作りができないかと中医学・薬膳を学び、食養生士資格、薬膳療法専門指導士資格を取得。
美味しいものを美味しく、そして身体も喜び皆が笑顔になる健康なカラダ作りを目指して日々研究・講座をしている
・堺の食いしん坊発酵オタク醸せ師・予防食養生士やすこhttp://ameblo.jp/meikoh/

 


■室井ヒューザ隆宏
左京区の京大近くの露店のような店舗で週に半分だけ営業している不思議な八百屋のオーナー、ヒューザさん。住まいのある福井県若狭から火曜、水曜、木曜の3日間だけ京都にやって来て、オーガニック野菜を中心に販売しています。少しでも農家さんと消費側がつながることを考えて、商売そっちのけで、農家と家庭のパイプ役のような事をやってきました。おばちゃん気質のヒューザさんが続けて来たことで、農家さんのもったいないがどれだけ救われて来たことか。今日もそんな話を聞きたくて来てもらいました
・フランク菜ッパ: https://www.facebook.com/franknappa.kyoto/

 

 

■吉田大輔
2011年より、9年間勤めた会社を辞め、家業である『津乃吉』で働き始める。
2016年9月 代表取締役社長に。
佃煮等の製造、品質管理、商品開発、営業、広報、店舗接客に加え、最近では積極的にイベントを開催し、『だし』の素晴らしさや、『食の安全』『素材を活かし切ること』等について、想いを伝える活動を実践。
『理念』は変えることなく、新しい価値を生み出すべく、勉強とチャレンジを繰り返しております。
趣味はバスケットボール、料理、飲み会。
・津乃吉 :http://www.tsunokiti.com/

 

 

■平松ようすけ
1983年生まれ。株式会社坂ノ途中創業メンバー。
幼少期より自身がアトピーを患っていたこと、また大学卒業後幼稚園教諭として勤務する中で子どものアレルギーや偏食の問題を目の当たりにしたことから、食べものの重要性を実感する。
2009年、高校の同級生であった代表の小野と共に坂ノ途中を立ち上げ。
野菜の集荷や配達といった物流面のマネジメント、生産者や法人顧客とのやり取りを担当する。
生産が少量で不安定なため売り先に困りがちな新規就農者や若手農家を、販路開拓の面からサポートしている。
・坂ノ途中 :http://www.on-the-slope.com/

 

 

■田中淳士
現在31歳の佐賀県出身。実家は長崎県松浦というアジ・サバ水揚げ日本一の市場で約130年以上続く仲買業を営み、小さいころから地元の美味しい魚を食べて育った。
大学3回生の時、第4回Doshisha New Island Contest にて優勝し、翌年の一年間を休学し、在学中に「食一」を立ち上げる。産地直送の海産物卸として営業し始めるが、差別化に苦渋を経験。そこで、より現場を知るために、九州・四国の漁港をレンタカーで寝泊りしながらひたすら行脚する。そこでの情報・経験を通して、2年目に産地に眠る旨い地魚ブランド「海一流」を立ち上げる。現在は全国の100数十箇所の漁港と直接取引を行い、全国の飲食店などに産地直送で旨い地魚を卸している。
・食一:http://www.shokuichi.jp/

 

 

■青木淳
2010年  enafarm創設 京都/アンスティチュ・フランセ関西にてマルシェを主催 (月1回の定期開催) 
2011年  奈良県高市郡高取町にてオーガニックファームをスタート (多品種小ロットの野菜・果樹を栽培・栽培面積5a) 西吉野・西岡農園の栽培・管理(柿/栽培面積2ha・梅/栽培面積2ha) 
2012年  奈良県南部振興プロジェクトに採択され、奈良県高市郡高取町の地域 再生プロデュースを担当。暮らしミュージアムのまち高取推進協議会事務局長 
2014年  淡路島にて株式会社URAのレストランをプロデュース 
2015年  経済産業省“産学官連携ニューシルクロードプロジェクト”事業企画担当 
2017年 一般社団法人SPHEREを創設 現在SPHERE代表

 

ダーヴィド・グロス監督からのメッセージ


戻る

サイトマップ

online store

social media

language