mumokuteki farmでは稲刈りが始まりました!

記事公開日:2020.09.15

mumokuteki farmでは先週末から稲刈りが始まりました。
たわわに実った稲でmumokuteki farmは黄金色になりました。
昨年は8トンのお米を収穫しましたが、今年はそれよりも多くの収穫になりそうです。

農薬を使わず、肥料も動物性のものは含まない有機肥料のみで栽培しています。
その為、大変な手間暇をかけて育ててきました。
冬期湛水(農閑期も田んぼに水を張ること)することによってヒエなどの雑草を抑制し、水中に生き物が住んでくれるのでサギなどの鳥も多く飛来することでよく田んぼが肥えてくれてるのです。
自然の力と人の力が合わさって、美味しくて安心なお米が育まれます。
田んぼの水は沢の水です。ため池の水を使う地域が多いのですが、ここ美山の福居では沢の清らかな水が田んぼに注ぐことで寒暖差もありお米の美味しさもピカイチです。

 

合計すると約3町歩(約3ヘクタール、約30反)の田んぼで栽培をしています。分かりやすく言えば、300m×300mくらいの広さです。
ファームスタッフの雫くん(通称:ズーさん)がメインで取り組み、ファームの他のスタッフはもちろん、mumokutekiやSPiNNSのスタッフもヘルプでファームにやってきて草刈りなどを手伝ってくれた賜物です。
刈り取りはコンバインでズーさんが頑張っています。

 

このお米がmumokuteki cafeで使われたり、mumokuteki特製のお味噌の糀になり、また小売でも販売されます。
mumokutekiの店舗でも通販でも販売されていますので、是非とも一度御賞味下さい。
どうぞ、よろしくお願い致します。

スタッフ:ロクロー


戻る

サイトマップ

online store

social media

language