fbpx

グラウディングのハーブ ベチバーでつくる オーガニックコスメづくり

記事公開日:2019.03.27

 

 

国産の貴重な無農薬ベチパー蒸留水を使ったハーブウォーターでコスメづくり。
今回はバームをおつくりいただきます。 グラウディングのハーブ、ベチバーの香りに癒されながらゆっくりとお愉しみいただける時に。

 

ベチバーは、アユールヴェーダの薬草として原産国の南インドで使い継がれたハーブ。鎮静のハーブといわれ、スモーキーで深い香りが特徴です。日本では九州福岡県にある星野村と熊本県南阿蘇に根付いています。(南阿蘇ではバイオダイナミック農法)北インドではその昔祈りの香りのため高僧だけが使えた、王様が涼をとるために網戸にしていた、などといわれています。ベチバーの根は消臭・抗菌作用を持ち、虫よけにもなります。抽出されたオイルは、残香性に優れているため欧州では古くから香水に用いられており「静寂の精油」と呼ばれ、スモーキーな深みのある香りです。地に足をつけて精神のバランスをとり体を支える働きがあるといわれています。筋弛緩作用(ディープリラックス効果)・忌避作用(虫除け)・消臭作用 ・ 催淫作用 ・ 鎮静作用があり、ニキビや吹き出物、疲れた肌や硬化した肌にも良く使われているハーブです。 ベチパーのことを体感していただけるかと思います。ベチバーの香りに癒されながらゆっくりとお愉しみいただけたらと思います。mumokutekiのオリジナルスキンケアにもベチパーを使っています。

 

[日程]2019年4月20日(土)

[場所]mumokuteki 3F hall (カウンターキッチン裏)

京都市中京区寺町通り蛸薬師上ル式部町261

[時間]第1部 11:00-12:00 / 第2部 14:00-15:00

[定員]各回8名様 [持ち物] 筆記用具

[参加費]2,000円(税抜)

※お作りいただいた爽やかしっとりバームと ベチバーウォーターをお持ち帰り頂けます。

 

[ご予約・お問い合わせ]

https://reserva.be/mumokuteki

hall@mumokuteki.com


戻る

サイトマップ

online store

social media

language