マンゴースイーツ

記事公開日:2022.06.21

 

【期間限定】6月24日(金)~沖縄県糸満市/大城さんご夫妻が栽培されて完全無農薬の完熟マンゴーを使用した贅沢なスイーツメニューがスタートします。ぜひお楽しみください。

 

季節のタルト~マンゴー~ 900円(税込) 約397kcal(VEGAN MENU)
スペルト小麦とオートミールがベースのさくさくのタルト生地に卵・乳製品不使用のカスタードクリームとたっぷりの完熟無農薬マンゴーを贅沢に合わせました。豆乳ソフトクリームと共にお楽しみください。

 

季節のパフェ~マンゴー~ 1,400円(税込) 約361kacl(VEGAN MENU)
甘さの中に果物本来の味を楽しんで頂けるように、当店自慢のオリジナル豆乳ソフトクリームにたっぷりの完熟無農薬マンゴーをのせました。とよけるようなマンゴーの食感をぜひご堪能ください。

 


沖縄県糸満市 大城さんご夫妻の
完全無農薬完熟マンゴー

 

~日本で初めて自然農法登録された極上マンゴー~

マンゴー栽培において農薬は必要不可欠といわれわるほど、無農薬での栽培は難しい果物です。

大城さんご夫妻は、お歳80歳を超える熟練のマンゴー栽培農家で

マンゴーの無農薬栽培歴20年以上、日本で初めて自然農法登録されました。

無農薬栽培の道のりは険しく、何度も何度も試行錯誤を重ね、収穫量が1/3以下になる事も。

それでも、

『子供たちにも安心して美味しいマンゴーを食べてもらいたい!』

その一心で、化学肥料・除草剤・消毒剤を一切使わず、高い技術で丹精を込めて毎年

育て続けておられます。

 

 

~糖度15度以上、他にない美味しさ~

品種はアップルマンゴー(アーウィン種)で、熟すると果皮が赤く染まるマンゴーです。

濃厚な甘みとそれを引き立てる優しい酸味がコクを生み出します。

通常、マンゴーは未熟で収穫し出荷されますが、大城さんは美味しい状態で食べてもらいたい

との思いから、樹上で完熟したものを収穫し、その日か翌日には発送されています。

大城さんのマンゴーは完熟で口にいれるととろけてしまう程、柔らかく一度食べたら忘れられない

美味しさです!

 

~栽培方法への拘り~

一般にマンゴー栽培では草を生やしてはいけないといわれているため、除草剤を使用します。

しかし、大城さんのマンゴーの無農薬栽培を可能にしたポイントは草を生やすことにありました。

大城さんは、自然に草が生えるのに草を生やさないことに疑問を抱いていました。

マンゴーが落下しても傷つかないように敷き草は必要で、乾燥を防ぐ意味もあります。

それなら、草を生やして刈って置いておく草生栽培でいいのではないのかな?

そして20年以上前に周りの農家と逆行して、草を生やして栽培をされました。

 

その結果、新芽や新葉へ食害する虫として問題になっていたアザミウマの被害がなくなりました。

草と共に栽培することでマンゴー園内の生物が豊かになり、木も元気になり

マンゴーを守ってくれる環境ができあがってきたそうです。

 

 

収穫期を迎えること、ハウスの中は40度以上になるもとも多々。

日照時間や積算温度で熟度が決まり、収穫のタイミングは花が咲いた日により異なります。

台風に備えての準備など、休んでいる暇は全くないそうです。

美味しいマンゴーを届けたい!

その想いで、沖縄の大地で大切に育てられたマンゴーは格別な美味しさです。

限定メニューとなりますので、ぜひ期間内にお楽しみください。


戻る

サイトマップ

online store

social media

language